スタッフコラム

矢口プロスタッフによるコラムです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

津久井湖レポート6月5日:浅見克美

プロスタッフの浅見です。

6月5日に津久井湖で行われたNBC東京チャプター第3戦スピンナーロックCupに
出場し優勝することが出来ましたので、レポートさせて頂きます。


今回の津久井湖は3月に行われたオープン最終戦以来の釣行でした。
津久井湖の現状はプリスポーン・ネスト・アフタースポーンの混在する状況で
どのパターンに絞るか悩みながらスタートいたしました。

この時期に実績のある4番から開始致しました。


【エリア①AM7:30津久井観光ボート対岸の4番~日赤病院下】
この時期に実績のある4番から開始致しました。
エリアに入りシャローを確認すると1キロ位のバスが確認できました。
フィッシュテールをセットしたダウンショットで釣りました。

その後、同じエリア・同じリグで600g位を追加しました。

【エリア②AM10:30橋脚】
ヴェルトロミノー65(改)を橋脚に向けキャストすると
サスペンドしている1800g位のバスが見に来るが口を使わず断念・・・。
このパターンには少し時期が早く7月に入る頃には
炸裂するパターンなので、また詳しくご紹介致します。

【エリア③AM11:30観光ボート近くの崖崩れ跡】
立木にサスペンドしているバスを発見し、エコスワンプのヘビーダウンショットを
太い枝に引っ掛けてバスの口元まで落としていくと、口を開くのが見え、
あわせたところ、フッキングに成功した瞬間、一気に潜られ木に巻かれてしまいました。
巻かれたバスを無理やり引き出しランディングに成功!!
上がって来たのは、57cm3500gのキッカーフィッシュでした。
110605_1434~03

木に巻かれた3500gのバスを無理やり引き出すのに成功したのも
今回使用したロッドENGINE SPELLBOUND SBC-606Mのトータルバランスのおかげです。
津久井湖や相模湖のようなリザーバーの湖で、障害物の多いピンスポットへの
キャストやサイトフィッシングに欠かせないバスとルアー着水ポイント(距離)への
正確なキャストには絶対に無くてはならない1本です。

ロッドは矢口釣具店さんにて販売していますので
是非、見に来て下さい、

その後、同じエリアで、スモラバのミドストなどを試しましたが
入れ替える事が出来ませんでした。

この時点で3本のリミットメイクしていたため、早めに帰着し
検量してみると5020gで優勝することが出来ました。

7月に行われる第4戦も入賞出来るように頑張ります。
110605_1651~01

《使用タックル》

ダウンショット
ロッド:ENGINE SPELLBOUND SBS-511SL2
リール:2500番
ライン:フロロ4lb
ルアー:フィッシュテール

ヘビーダウンショット
ロッド:ENGINE SPELLBOUND SBC-606M
リール:Abu Revo SX KTFフィネス
ライン:フロロ8lb
ルアー:スワンプクローラー
  1. 2011/06/09(木) 18:42:42|
  2. 浅見克美プロ
前のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。