スタッフコラム

矢口プロスタッフによるコラムです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おすすめタックルレポート6月27日:菅谷淳一

mini_120527_17550002.jpg
今回はキャロライナシンカーについてレポートしたいと思います。
キャロシンカーというと、キャロライナリグに使用しますが、
シンカーストッパーをうまく使うことで、
いろいろなリグで使用することができます。

私は、陸っぱりのときなど、荷物を少なくしたいときは
ベイトフィネスロッドで10lbのラインを巻いて
エンジンスタジオ100タングステンキャロライナシンカー
3.3g4.6gを持っていき、
テキサスリグ・ダウンショットリグ・スプリットショットリグを
1本のロッドで使用しています。
またフィールドでのひらめきにもとても便利です。

前回の相模湖のトーナメントのプラクティクスでも
水深3m~4mに沈むカバー周りをスピーディーに
ハードベイトでチェックしたいと思い、
キャロシンカー3.3gエンジン ジェットプロップ(コパーシャッド)をセットし、
時々ジャークを入れながらトレースしていると、
約1400gのアフタースポーンのバスをキャッチできました。

去年の夏の相模湖のチャプターでは岬に絡んだ
水深6m~10mのディープエリアに沈むヘビーカバー内に
キャロシンカー4.6gを2個数珠つなぎにセットし、
アプローチしたところキロフィッシュ2本キャッチし、
お立ち台に立つことができました。
110901_2311~02
使用するときのコツとしては、
シンカーストッパーをずれてほしくない方向に2個つけることと
重いシンカーをひとつつけるよりも
軽めのシンカーをいくつか数珠つなぎにして、使用することです。
数珠つなぎにすることでカバーやボトムのすり抜けがよくなり、
使いやすいと思います。
またエコ対応なのでトーナメントに参加している人にもお勧めです。
スポンサーサイト
  1. 2012/06/28(木) 18:14:42|
  2. 菅谷淳一プロ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。