スタッフコラム

矢口プロスタッフによるコラムです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

利根川レポート5月12日:千葉隆

みなさんこんにちは!スタッフの千葉です。
今回は利根川へ行ってきました。
結論から言いますと1.5日釣りをしてキャッチしたのは3本のみ。
この厳しい状況の原因(言い訳??)は5/2に降った大雨。
この影響でいまだに水量が多いため水位も高く、
濁りもあり、水温も低下などなど…

この状況でまず狙ったのはアフタースポーンからの回復バス。
朝一はモーニングバイト狙いで流れの緩い場所をスタンレーのバイブラバズ
(※懐かしと思った方、骨董品扱いしないで下さい!オイラの中では今でも超1軍です!)
で攻めたのですが反応なし。
まだバズでは動きが早すぎて追い切れないのでは?との予想から、
短い移動距離でしっかりとしたポップ音の出せる
シルバーポップ75(DUEL:ソルト用ポッパー)にチェンジ!
増水により冠水したブッシュ周りをネチネチ攻めたのですがこちらも反応なし。
とりあえず1本が欲しかったのでスローダウンして、
ビッフルバグ(ジーンラルー)のカバー撃ちに変更。
水位上昇でいつもよりカバーがテンコ盛りなので、どこもかしこも良く見え、
キーポイントが絞り込めず…

こんな時は集魚効果抜群のスーパースプーク(エクスキャリバー)の出番!
ドックウォークさせればラトルがカコーン!カコーン!カコーン!
スプラッシュ音がジュボッ!ジュボッ!ジュボッ!
ド派手なサウンドとアクションで濁りなんてものともしない!
特にこのスプラッシュ音がバスにスイッチを入れてくれるんですよ!

カバーギリギリにキャストして、出来るだけ移動させずに熱く攻めると・・・
バスが完全に水面から飛び出し、
ルアーを上から抑え込む様な強烈なジャンピングバイト!!
ロッドを絞り込まれながらも上がってきたのは腹パンパンの42cm。
いや~久々に超しびれましたよ。

120512_利根川

この後は結局何も起こらなかったですが、狙い通りに出た1匹にこの日は大満足でした。

翌日は支流をメインに狙う予定でしたが、本流がどうしても気になり朝一、
2匹目のドジョウを狙ったのですが…
気が済んだところで長門川に入ったのですが、濁りがひどく本流よりも厳しそう。
スーパースプークを投げまくるも無反応なので、
最近お気に入りのモグラモスチャター(イマカツ)にチェンジ。
トレーラーは濁りを考慮してスピードクロー(ZBC)をセット。
スキッピングでオーバーハングの下に滑り込ませたり、
カバーに絡める様に攻めること約1時間、
冠水ブッシュの横を通過させた時にようやくバイト!
上がってきたのはこれまたグッドコンディションの35cm。

その後は今回の目的でもあったベイトフィネス縛りに切換え、
スワンプクローラー(ZBC)でカバーを打ちまくり1本追加。
使用したラインはハードコアXXの8Lbsだったのですが
、掛けたバスを無理やりカバーの奥から引きずり出す様な事をしなければ
8Lbsでも以外と大丈夫ですね。
当然ラインの摩耗に対する強度も大きく影響していると思いますが。

今回は釣れた数こそ少なかったけど、なかなか楽しい釣行でした。
スーパースプークは最近使っている人が少ないので
津久井湖でも炸裂するかも知れませんよ!
  1. 2012/05/17(木) 19:30:56|
  2. 千葉隆プロ

利根川レポート4月7日:千葉隆

120407_利根川_01

みなさんこんにちは!スタッフの千葉です。
4月になって、やっとコラムのネタが出来ました。
今年は津久井で3回、利根川では連続6回も丸坊主。
こんなにバスが釣れなかったのは、
ルアーを始めたばかりの中学生の頃以来ですよ。
昨年の水曜日の男じゃないけれど、正に“幻の魚”ですよ。
いや~釣れた時は本当にカンゲキ!でした。

先週行われたTBC(利根川バスクラブ)トーナメントの表彰式では、
上流には春が来た!なんてコメントをしている人がいたので、
この日はその復讐じゃなく、復習を兼ねて上流のチェックを開始。
(ちなみにオイラの大会結果は…涙)
まずは水中堤防下流側のインサイドにできる逆転流に絡むカバーやワンドなど、
流れが弱く水温の上昇し易そうな場所を、
スピードクロー(ZBC)のテキサスリグ
ハードコアシャッド60SP(DUEL)などで
転々と攻め上がってみたのですが、どうもお留守のご様子。
気が付けば時間はすでにお昼を回り、
普通ならちょっと焦り始めるのですが…
慣れって怖いモノですね。
釣れないのが普通になってしまい、気持ちはすでに諦めモード突入。
気分転換も含め、取りあえずエリアを将監川へ変更。
長門川を経由して将監川へ向かって行くと、
本流では12度だった水温が14度台に上昇!
諦めモードだった気持ちが一気にやる気全開!
早速、チャンネルに絡む水深のあるカバーを
テキサスリグで攻めたのですが相変わらず…
ルアーをスピナーベイトに替えてブレイクを攻めるとショートバイト。
トレーラーフックを付けて対応するも、バイトはあるがなぜか乗せられない…
もしかして止めたら食うのでは?なんてスケベ根性丸出しで、
ルアーをスピナーベイトの様なフラッシングを放つ、
ハイピッチロールのサシミシャークベイト(DUEL)へとチェンジ。
スローリトリーブでブレイクに絡むカバーにコンタクトさせ、
しばらくポーズ入れてからジャークを加えてみたところ、狙い通り一撃でヒット。
サイズこそ33cm程度とちょっと小さいけれど、この1匹に心を癒されました。
ルアーを変えてすぐに釣れたので、後が続くかと期待したのですが、
やはり世の中そんなに甘くないですね。
まだまだ修行が足りない様です。
次回はもう少しましな画像が載せられる様、がんばります。
  1. 2012/04/13(金) 09:39:09|
  2. 千葉隆プロ

利根川レポート7月24日:千葉隆

TBC第2戦 Nories CUP

台風6号の影響で開催が危ぶまれましたが、
7月24日Nories Cupが開催されました。

前日プラでまず驚いたのは水温が1週間前に比べなんと!
10℃低下していた事。こんな急激な水温低下は初めてです。
まあ結果は予想通りでマキ物には全く反応なし。
唯一バスの反応が有ったのはカバー撃ち。
テキサスリグをカバー奥の奥にぶち込んで
放置しておいた時だけバイトを取ることができました。

当日はフリッピングロッド+トランスリアライズT6 20Lbs
気合の入ったヘビータックルをセレクト。
ルアーはスイートビーバー4.2のテキサスリグにガラスビーズをプラス。
カバーの奥のバスを音で寄せて放置で喰わせる作戦。

早朝は念のためバズベイトでカバー周りを攻めるもバスの反応は無し。
そこでメインタックルでカバーへテキサスリグをぶち込み
2、3度シェイクして放置するとバイト!
パワー全開でフッキングして何とかフックアップしたものの、
バスはカバーの奥でぶら下がった状態。
ボートを寄せて何とか回収しようと苦戦している間に
フックアウトしてしまい痛恨のミス。
気を取り直してストレッチを流していると再びバイト!
気合を入れてフッキングするも、またカバーの奥でぶら下がり状態。
しかし今回は何とか回収に成功し、1200gをキャッチ。
その後もバイトはあるのですが同じように
ぶら下がった状態からフックアウトするミスが連発。
エリアを変えつつカバーを撃ちまくり1本追加してウェイイン。
他の参加者もかなり苦戦した様で、
今回も予想以上にローウエイトが多く結果は1835gで10位でした。
いや~今回の戦略はバッチリ合っていたのに、
掛けたバスが回収できないミス?が連発!
あと1本キャッチ出来ていれば楽勝で
お立ち台に上がれただけに本当に悔やまれる試合でした。
110724_利根川


<使用タックル>
ロッド:フリッピングロッド 7.6feet
リール:TD-Z
ライン:トランスリアライズ T6 14Lbs
ルアー:スイートビーバー
フック:がまかつ ワーム310 5/0
  1. 2011/07/29(金) 16:10:04|
  2. 千葉隆プロ

利根川レポート6月12日:千葉隆

TBC第2戦 ラッキークラフトCUP

P1050216.jpg

震災影響で第1戦が延期になったため、
今回が2011年TBCトーナメントの初戦となりました。
1週間前と前日の3日間プラを行ったのですが、
カバー撃ちでバイトが有るのは
枝にジグを引っ掛けてステイさせている時だけ。
しかもバイトが有ってもスッポ抜けが多く、
バスをほとんどキャッチ出来ない状況。
巻物への反応は全くなし… 

当日はスッポ抜け対策としてファットイカに
通常よりも1サイズ大きいパイルドライバー5/0フックの
ノーシンカーをメインとして、
木下から3連水門までのエリアに有る冠水ブッシュを
ランガンして2本をキャッチ。1766gで14位でした。

今回の上位入賞者のコメントを聞いて
非常に気になる事が有ったのですが、
それは使っているルアー。
何故かみんな4インチセンコーのノーシンカーで釣っているんです。
偶然なのか?それとも何か凄い秘密があるのか??・・・
これからはファットイカばかりぢゃなくて、
センコーの魔力について研究する価値がありそうです。

P1050217.jpg

<使用タックル>
ロッド:トランスリアライズ エレクトリックボトム700-H
リール:TD-Z
ライン:トランスリアライズ T6 14Lbs
ルアー:ファットイカ
フック:パイルドライバー 5/0
  1. 2011/06/17(金) 09:27:57|
  2. 千葉隆プロ

利根川レポート4月30日:千葉隆

みなさんこんにちは
いや~ホントに久しぶり、約4カ月ぶりにバスをキャッチしました!!
やっとスタッフレポートの更新ができます。

利根川ではさまざまなルアーを使った釣りをしたのですが、
結局サイズの良いバスは水深1~2mのブレイクの下にある杭や岩盤のエグレ、
沈みノモなどに付いていたんですよ。
そのシャローにはオーバーハングやバードボトム+ウッドカバーなど、
教科書に書いてある様なスポーニングスポットがあり、
本当に基本に忠実に動いているんだな~なんて感じさせられました。
110430_利根川_画像1

今回、釣れたルアーはファットイカノーシンカー
バックスライドでスローにフォールさせ、
ボトムに着いたら一呼吸おいて2回アクションをくわえてフォールさせるだけ。
イメージとしてはボトムに着いたザリガニがバスに驚いてピョ~ンピョ~ンと逃げる感じ。
バイトはアクションを入れた後のフォール中にコンッ!とくるので、
逃げるモノに対してリアクション的に喰ってきてる感じでした。

津久井湖でも赤土エリアのスタンプ回りや
岩盤のエグレなどで効果を発揮する釣り方なので是非試してみてください。

ちなみにラインはハードコアXX14Lbs
フックはZAPPUパイルドライバー4/0を使用。
バイトが有っても上手く乗らない時は、
写真の様にワームのゲイプ側をハサミで厚みの1/3程度切れ目を入れれば
ノリが良くなりますよ。
110505_IKA_画像2

菅谷さんのコラムにかぶりますが、
実は自分もコスギワークスのベアリングを試したんです。
正直2000円ちょっとのチューニングでそんなに効果があるの???
なんて疑っていたのでとりあえず1台だけ…
するとこれがホントに凄い!!
自分は10年物のポンコツTD-Zに入れたので、
ベアリングが経たっていたから余計その効果を感じたのかも知れませんが、
1投目からその驚くべき滑り出しの良さや飛距離の伸び体感!
近日中にすべてリールのベアリング入れ替えられるのは言うまでも有りません。
これでポンコツリールにはもう少しガンバってもらいます。
(矢口さん売り上げに貢献出来ずすみません)

最近はベイトフィネスなど軽いルアーを投げる事が多くなっています。
興味のある方は是非1台試してみてください。
本当にその効果に驚きますよ!!

  1. 2011/05/06(金) 18:47:21|
  2. 千葉隆プロ
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。