スタッフコラム

矢口プロスタッフによるコラムです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

津久井湖レポート7月14日:菅谷淳一

今回は津久井湖での楽しい一日をレポートします。
翌日に行われる東京チャプターのプラクティクスのために
津久井湖観光ボートにむかい事務所から、湖を見渡すと、
湖面に浮いているゴミが普段よりも早く動いていることに気づき、
ここのところの雨で下流のダムがいつもよりも放水量が多く、
湖全体の水の動きが良いことに気づきました。

取り急ぎ用意をし、対岸の岩盤エリアで
ジェットプロップ(カラー:コパーシャッド)
スローにリトリーブしていると、20~25cm位のバスを
簡単にキャッチすることができました。
さらに深い水深を攻める意味と手返し良くするために、
ジェットプロップのアイの部分より10cm位のところに
キャロシンカー1.3gをラインストッパーで付け、
再びトレースしていると35cm位のバスが
簡単にキャッチすることができました。

その後4番から日赤下までのシャローを
目でチェックするとバスだらけ!!

翌日の試合のため、5~7mにいると思われる
アフタースポーンの回復バスをチェックしようと思い、
日赤下の小さなインレット沖にエコスワンプミニ
ネイルシンカー1/32を縦刺しにし、
ソリッドロッドで操作しやすいラインスラックを
叩くアクションでミドストをしながら
何かにひっかかればハングオフを繰り返していると、
ルアーが止まる様な感覚。
すかさずスイープで合わせると強烈な引き。

でかい!!釣っちまった!!と思いながら、
やり取りしキャッチすると、なんと!55cmのグッドバス!!!
mini_120714_12230002.jpg
「 今日は釣れる。この放水量でいくと明日は減水し、
今日と違うパターンになる。」と理由づけして
「今日は釣っちゃえ~!」と決めました。
(案の定翌日の試合はやってしまいましたが・・)

その後ここのところ好調な中沢ワンド対岸に移動し、
5~7mを先ほどと同じ様にスワンプクローラー
ミドストでリトリーブしていると、
またもやルアーが止まる様なあたり。
合わせると、突っ込むような強烈な引き。
ラインが3lbということもあり
リールのドラグを調整しながら沖に誘導し、
慎重に時間をかけてキャッチすると今度は50cmの、
グッドバスをキャッチすることができました。
SN3R0009.jpg
「たのし~い!!」

その後、5~7mのボトムをヘビダン・スワンプ
ウルトラシェイクでグットバスを2本
ヘビダンをカバーにねじ込み40cmアップを
2本キャッチすることができ、楽しい一日を過ごしました。

一年のうちに何度もないようなフィーバーですが、
それを期待し津久井湖にこれからも通ってしまいそうです。

お気に入りのジェットプロップ・コパーシャッド「釣れます!!」
CIMG0481.jpg
何かと便利で大活躍のスタジオ100・タングステンキャロシンカー
CIMG0482.jpg

使用タックル:
ルアー:エンジン・ジェットプロップ(コパーシャッド)
ロッド:エンジン・スペルバウンド サーキットクラス 
         SBCC-602SL1MG

  1. 2012/07/26(木) 10:15:11|
  2. 菅谷淳一プロ

おすすめタックルレポート6月27日:菅谷淳一

mini_120527_17550002.jpg
今回はキャロライナシンカーについてレポートしたいと思います。
キャロシンカーというと、キャロライナリグに使用しますが、
シンカーストッパーをうまく使うことで、
いろいろなリグで使用することができます。

私は、陸っぱりのときなど、荷物を少なくしたいときは
ベイトフィネスロッドで10lbのラインを巻いて
エンジンスタジオ100タングステンキャロライナシンカー
3.3g4.6gを持っていき、
テキサスリグ・ダウンショットリグ・スプリットショットリグを
1本のロッドで使用しています。
またフィールドでのひらめきにもとても便利です。

前回の相模湖のトーナメントのプラクティクスでも
水深3m~4mに沈むカバー周りをスピーディーに
ハードベイトでチェックしたいと思い、
キャロシンカー3.3gエンジン ジェットプロップ(コパーシャッド)をセットし、
時々ジャークを入れながらトレースしていると、
約1400gのアフタースポーンのバスをキャッチできました。

去年の夏の相模湖のチャプターでは岬に絡んだ
水深6m~10mのディープエリアに沈むヘビーカバー内に
キャロシンカー4.6gを2個数珠つなぎにセットし、
アプローチしたところキロフィッシュ2本キャッチし、
お立ち台に立つことができました。
110901_2311~02
使用するときのコツとしては、
シンカーストッパーをずれてほしくない方向に2個つけることと
重いシンカーをひとつつけるよりも
軽めのシンカーをいくつか数珠つなぎにして、使用することです。
数珠つなぎにすることでカバーやボトムのすり抜けがよくなり、
使いやすいと思います。
またエコ対応なのでトーナメントに参加している人にもお勧めです。
  1. 2012/06/28(木) 18:14:42|
  2. 菅谷淳一プロ

オススメ!タックルレポート:菅谷淳一

菅谷です。
最近いろいろと忙しくて、
津久井湖オープンサマーとJBプロ戦に参加できませんでしたが、
今週末の東京チャプターには参加する予定でいます。

そんなことで、フィールドに出かけていないので、
今回は最近注目されているベイトフィネスで
私が使っているタックルについてレポートします。

まずラインについてですが、
よく「どのラインの何lbを使用していますか?」
聞かれることがあります。
私がお薦めしたいのはサインラインのフロロカーボン素材
「FC琵琶湖ガイドスペシャル」です。
DVC01252.jpg
このラインは元々サンラインスタッフの下野プロが、
スピニングタックルで琵琶湖のビッグバスをキャッチするために
開発されたラインなので、他のフロロカーボン素材のラインに比べて、
しなやかで柔らかくベイトリールで使用してもバックラッシュなどの
トラブルが少なく、ベイトフィネスタックルにはとても適しています。

またウィードのポケットや陸っぱりでテトラ周りなどに長時間使用しても、
ライン自体に傷が付きにくいので、あまり心配をせずに使用することができます。
また使用する上でのポイントとして、スプールに巻く量をなるべく少なくしてください。
そうすることで抵抗が少なくなりキャスト距離が長くなり、
トラブルが軽減されます。(目安:20m~30m)

次にリールですが、
春に発売されたKTFエンジンコラボABU REVOを使用しています。
このリールは現在完売状態で入手困難ですが、
よく「再度の発売はあるのか?」と質問されます。
次回は今秋に発売するという予定がありますが、調整が難しいため、
正確な発売時期については未定です。また分かり次第お知らせしたいと思います。

最後に8月末に発売する予定の
エンジン スペルバウンド サーキットモデルSBCC-602SL1MGです。
DVC01253.jpg
このロッドはフルソリッドモデルでベイトフィネスで使用するリグの中でも
ノーシンカーリグや1/16以下のラバージグなどの、
どちらかというと軽めのリグで使用するモデルで、
スピニングのスペルバウンドシリーズと同様に乗りを重視したロッドです。
ソリッドモデルのロッドはねじれが起こるため、
バスをかけた時にラインがロッド本体に触れてしまって、
余計な力がラインにかかることがあります。
それを防ぐために、小口径ガイドが13個もついており、
一見「なんだ?」と思われるかもしれませんが、
長い時間をかけて細部にまでこだわって作り上げたモデルです。
こちらも予約の段階でほぼ完売状態ではありますが、
矢口釣具店さんに数本入荷する予定です。興味のある方は相談してみてください。
DVC01254.jpg

ベイトフィネスにつきましては、またレポートしますのでお楽しみに!!
  1. 2011/08/14(日) 10:58:54|
  2. 菅谷淳一プロ

気になるタックルレポート5月1日:菅谷淳一

 今回東日本大震災で被災された方にお見舞い申し上げます。
皆さんもご存知のように、大変大きな災害に見舞われた
被災地の復興には長い時間とお金が必要だと思います。
現在多くの方々が募金などにより
支援をしていただいていると思いますが、
一時期で終わらせることなく今後も続けていけたらと思っています。
先日津久井湖オープン最終戦をチャリティーマッチと位置付けて、
参加費の一部を義援金として募金したそうです。
また夏の津久井湖オープンでも同じように募金をしようかと
会長から話を伺いましたが、もし実現した時には、
多くの人に参加していただけたらと思います。 

今回はコスギワークスのベアリングを私のリールに取り付けたので、
その使用感を報告いたします。
DVC01072.jpg
私はダイワTDZ左巻きとダイワSTEEZ右巻きに取り付けました。
左巻きは主にカバーなどにピッチングで使用することが多く、
コントロールが要求されます。
当初は滑り出しが早いためコントロールがつきにくく戸惑いましたが、
いつものピッチングよりも少しロッドを横から振ることで、
今までよりも弾道が低くコントロールの効いたキャストが
できるようになりました。また静かに着水するので、
バスに余計なプレッシャーを与えることなく、
カバーなどにアプローチすることができました。
右巻きではルアー自体が風の影響を受けやすいものでも、
弾道が低いので今までよりもコントロールしやすく
キャストすることができました。
またヘビーウェイトのルアーでも問題なく
キャストすることができました。
私はベイトフィネスリールも使用していますが、
それとはまた違うイメージでノーシンカーや
ライトウエイトのルアーを使用するのではなく、
今までベイトリールで使用していたリグを
低い弾道でアプローチしたり、
アプローチの距離を長くすることを目的とするには
とてもいいアイテムであるように思いました。
またバックラッシュすることも少なく、
私自身にも余計なストレスはありませんでした。
値段もそれほど高価なものでもないので、
私はすべてのリールをコスギワークスのベアリング
交換しようと思っています。
今シーズンの私の武器になってくれそうです。
興味のある方は矢口釣具店さんに相談してみてください。
  1. 2011/05/02(月) 18:29:13|
  2. 菅谷淳一プロ

新製品レポート!:菅谷淳一

 めっきり寒くなり、私も12月の第1週週末以来バスの顔を見てないし、
今回は釣果情報ではなく、サポートをしていただいているメーカーさんの
気になる新製品をご紹介していきたいと思います。

 まず、サンラインから秋に発売されたジャケットの紹介をしたいと思います。 
“ステータス・リバーシブルフィシングジャケット”
12月19日に亀山湖で開催された「サンライン・バスフェスティバル」で
下野プロ・並木プロ・清水盛三プロ・庄司プロ・古沢プロ・野村プロなど
サンラインの誇るトッププロたちが着ていた防寒タイプのジャケットです。
101223_1432~01
 今回発売されたジャケットはリバーシブルタイプで表面は普段着に近く
ファッショナブルで裏にすると防水加工が施されており、ファスナーや
ポケット部には水が入ってこないような加工が施されています。
101223_1431~01
 実際着ていた庄司プロに着心地をうかがうと「とてもぬくくて快適だ!」
と言っており、私もこの冬から使用することにしました。
色は表が黒/裏がグレーのタイプと、表がブラウン/裏がカーキの2種類で
パンツは別売りで黒があります。
価格はジャケットが22000円、パンツは12000円です。
 これから津久井湖オープンもどんどん寒くなっていきますので、
この軽くて薄く暖かい防寒着を着て、がんばりましょう!

 次に紹介するのは、エンジンとKTF(キャリルチューンドファクトリー)の
コラボレーションで実現したベイトリールです。

CA3B0029.jpg
 その名も“Abu Rebo SX KTFフィネス” 
このリールは今年流行のベイトフィネス用のリールです。
べイトフィネスというと、細いラインをベイトリールで使用する
という印象を私ははじめ持っていて、津久井湖では使用頻度が
少ないと思っていました。
 しかし逆に、今まで細いラインでは攻められなかった
竹などのカバー周りや、がけ崩れ跡を8lbぐらいのラインを使用し、
ノーシンカーリグやネイルシンカーを入れたワッキーリグを使用するなど
用途はいろいろあるなと考えるようになりました。
 私自身まだ使用していませんので、追って使用感などレポートしようと
思います。価格は28900円で沢村プロ曰く、ベイトフィネスを
普及させるため採算度外視で設定した価格だそうです。
発売は2月から3月で全国500台限定で発売します。
 予約はまだ始まっていませんが、左ハンドル仕様はかなりの人気が
予想されていますので、興味のある人は内緒で矢口釣具店さんに
相談してみて下さい。 
 また今エンジンでベイトフィネス用のロッドを開発中で、
発売は春ごろになると思いますが、そちらもご期待ください!!
  1. 2010/12/26(日) 11:52:37|
  2. 菅谷淳一プロ
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。