スタッフコラム

矢口プロスタッフによるコラムです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

津久井湖レポート6月2日:浅見克美

みなさんこんにちわ!
プロスタッフの浅見です。

先日、6月2日に行われました
東京チャプター第3戦(津久井湖)
ラッキークラフトカップに参加し
2位入賞致しましたのでレポート致します。
20130602-1.jpg

当日は梅雨入りしたにも関わらず、
雨の降らない日が続いたことにより
湖の水位は通常より5~6m減水していて
濁りも入り釣りずらい状態で、
私の得意なカバーも全て出ている状況でした(泣)

スタート目前まで、
下流に行くか上流に行くか迷っていましたが、
参加選手の7割が下流に向け船を走らせていたので、
少しでもプレッシャーの低い上流に向かいました。

上流に向かう途中6番のかすかに残るカバーへ
ラバージグを打つも反応なし。
6番⇒名手橋まで、VISHOP60(ENGINE)
岩盤沿いを流していましたが、
巻き物にも反応が有りませんでした。

その後、名手ワンドの崖崩れ跡に入り、
先日発売されたENGINEベイトフィネスロッド
SBCC-609SLT2MGにセットした
スワンプクローラのネコリグを
岸際にキャストしミドストぎみで引いていると、
かすかなバイトが有りフッキング!!
上って来たのはキーパーぎりぎりの450gでした。

さらに少し上流で同じパターンで800gを追加したところで、
このパターンで1日やりとうそうと決め
場所を11番のエアレーションの当たる
左側の岩盤の張り出しにスワンプをキャストし
ミドストぎみで引いていると、
今度は明確なアタリが・・・・
フッキングしたところで、
明らかに今までの引きとは違い、
慎重なやり取りをしていましたがジャンプで痛恨のバラシ・・・(残念)
『バラしたさかなはでかかった』1500gは有ったのに・・・(泣)

気持ちを入れ替え名手ワンドの崖崩れ跡に戻り、
スワンプをキャストするとロッドに抑え込むようなバイト!!
上って来たのは1200gのキッカーをキャッチすることが出来ました。

その後、自分のテンションも上がりスワンプを投げ続けましたが、
時間も無くなり帰着致しました。
検量の結果、3本2460gで2位入賞することが出来ました。

今回、バスをキャッチしたロッドは、
全てSBCC-609SLT2MG(ENGINE)でした。
enginerod.jpg
このロッドは繊細なバイトも手元に伝えてくれ、
ビックバスにも負けないパワーを持ったロッドです。
店頭にも並ぶころだと思いますので、
是非手に取りポテンシャルの高さを実感してみて下さい。

新しい武器を手に年間目指して頑張ります。

次戦は相模湖でENGINEカップです。
是非、皆さん参加して下さい
  1. 2013/06/19(水) 14:03:28|
  2. 浅見克美プロ

津久井湖レポート3月17日:浅見克美

皆さんこんにちは、プロスタッフの浅見です。
少し暖かくなり、フィールドに足も運びやすくなり、
各地で釣果情報が聞こえて来ましたね!!

__.jpg

私は3月17日に開催された、
NBC東京チャプター第1戦(津久井湖)に参戦致しました。
まだまだ、厳しい津久井湖から、
なんとか1本をしぼり出し、
2位入賞致しましたのでレポート致します。

当日の状況は、参加選手のほとんどが上流を目指す中、
私は中流域の6番左側より、
テキサスリグ(フォールクロー)で、
シャローカバーに潜むバスを狙いスタート。

釣れそうな感じはありものの、
6番から名手橋手前のフラットエリアまで
シャローを打つもバイト無し・・・・・。

その後、名手ワンドに入り、カバーに絡むバスを発見するも、
バイトに持ち込めず、そのまま一気に最上流へ移動しました。

上流域では、釣れてる情報の有った、
サスペンドミノーやシャッドなどの巻き物で攻めるも、
異常無し・・・・・。

上流から下流へ戻る途中、ふと、以前の釣果を思い出し、
名手橋下流右側の、フラットエリアに絡む
ブレイクのスタンプ群(8.5m)が気になり、
エコカットテールのDSをピンポイントで真下に落とし、
スタンプに引っ掛け、ラインを張り気味にシェイクしていると、
待望の明確なアタリ!!!!!!!

上がって来たのは、42cm1420gのナイスバスで、
検量の結果、2位入賞することが出来ました。

今回、またまた活躍してくれたタックルは、
ロッド:ENGINE・SBCS-600SL2MG(フルソリッド)
シンカー:SUTUDIO100・ドロップショット(FECO)
最強コンビでした。

本当に、ここぞという時に毎回助けてくれるタックルです。
なんと言っても感度の良さは抜群ですよ~!

ディープでの釣りには手放す事の出来ない信頼の置けるロッドです。、
店内でも、販売していますので、皆さんも手に取り実感してみて下さい。

4月の相模湖戦は気合を入れ良い報告が出来る様に頑張ります。
  1. 2013/03/28(木) 09:32:17|
  2. 浅見克美プロ

津久井湖レポート1月3日:浅見克美

新年、明けましておめでとうございます。
プロスタッフの浅見です。

皆さん、釣り始めは行きましたか?
1月3日毎年恒例の極寒の津久井湖に
チャレンジして来ましたので、レポート致します。

昨年も1月3日の釣り始めで、
馬渡りワンドの13mのスタンプで、奇跡の1匹を
釣り上げることが出来ましたので、
今年も同じパターンで同じ場所と水深をチェックしようと、
まず始めに入った場所は「神社跡10~14m」で
ENGINEロッド・スペルバウンドサーキットクラス
SBCS-600SL2MG(カーボンフルソリッドスピニング)

アライブシャッド4インチ(グリーンシマー)
ジグヘッド2.6g(ガード付き)を
セットしスタンプ周りを攻めるが、バイト無し。

次に、入った場所は、三井大橋下流に有る「大地10~14m」で、
このポイントにも大きなスタンプが岬周りに点在し、
バスがスタンプにタイトに付いている場所です。

魚探でスタンプを確認し、ジグヘッドを真下に落とし
リグでスタンプを確認した後のワンアクションで
なんと、SBCS-600SL2MGのティップにかすかな当りが・・・!!
間髪いれずに合わせた結果、
上がって来たのは、42cm1300gのバスでした。
バス写真②

この場所での釣り方は、いかにスタンプにリグを絡めるかがキモ!!
アクションはシェイクやズル引きではなく、
メタルジグのように小さくシャクル方法が
私の真冬のスタンプ攻略のキモです!!!!
皆さん、試して下さいね~。

今回使用したアライブシャッドのカラーは、『グリーンシマー』です。
CIMG1256.jpg
昨年より密かに使用しているカラーで
グリーンサンダーのお腹の部分がゴールド色!!
グリーンサンダー同様の実績が有りましたよー!!
皆さんも、試してみて下さい。

また、今回は防寒の為にENGINEより
昨年発売されたナックルウォーマーで完全防寒!!
グローブ
手の甲を防寒し、指先と手のひらは出ているので、
グローブをするとショートバイトが
取りずらいと思っている方に是非お勧めです!!
今回もロッドに出た、かすかなショートバイトも
逃すことなく手のひらまで伝えてくれました。
これからの時期には必要不可欠なアイテムですよ~!!
店頭でも販売していますので、
皆さんも使用してみては、如何でしょうか?

また、2013年も引き続きJB河口湖B
・東京チャプター・津久井湖オープンに全力で参戦致します。
また、矢口オリジナル商品(つれるぞ~!)を始め、
河口湖・相模湖・津久井湖の情報を
皆様へお届け致しますので、
今年も、どうぞ宜しくお願い致します。
バス写真①

ロッド :ENGINE・スペルバウンドサーキットクラス
  SBCS-600SL2MG(カーボンフルソリッドスピニング)

ライン :3lb
リグ :ジグヘッド2.6gガード付き
ワーム :アライブシャッド4インチ
カラー :グリーンシマー
(まささんに聞いてね~!)
  1. 2013/01/05(土) 18:29:19|
  2. 浅見克美プロ

NBCチャプター東京第5戦レポート8月19日:浅見克美

皆さんこんにちは
プロスタッフの浅見です。

8月19日に行われた
東京チャプター第5戦フラッタ―カップ(相模湖)に
参加し優勝することが出来ましたので、
レポート致します。

120819_1352~05

当日の相模湖の状況はまさに夏本番の
超熱い日差しの中、スタートしました。
当初の予定では、この暑で本湖のディープエリア、
一二三沖や青田ワンドの馬の背に避難している、
ビックバスを朝一から狙う予定でしたが、
やはりシャローマンの私にはどうしても
シャローカバーが気になり、
テキサスリグでチェックするも、
釣れて来るのは25cm前後の200g~250gの
バスばかりで話になりませんでした。

気持ちを切り替え、本湖のデープエリアに向かう途中、
「虫パターン専用の私の木(笑)」が
気になり、一号区へ向かいました。
ポイントへ近づき周りを確認すると、
やはり木の真下に沈んでいる大きな石に40cm~50cmの
バスが6本ほど確認できました。
ここでそろえれば勝てると想い虫パターンを試すも、
全く反応無くキャッチ出来ませんでした。

諦めシャローをチェックしていると水深1.5mの所に
20cm~25cmのニゴイの群れ(産卵?)を発見。
ふとニゴイパターンを思い出し少し沖側3mを確認すると
またまた40cm~50cmのバスの群れをサイトで発見!!!
少し、離れたところでバスの動きを観察していると、
やはり群れのニゴイに突っ込み捕食しているのを確認しました。

あとは毎年のように、ニゴイの群れの中へ
ミニスワンプクローラーのダウンショットを入れて動かさないで待っていると。
ニゴイが散った瞬間にラインがもの凄い勢いで走り出し、
フッキングした瞬間に50UPのバスをラインブレイク・・・(残念)

再度リグり直し群れの中へキャストし待っていると
またラインがすごい勢いで走り出し、今度はしっかりフッキングし
シャローカバーへ入ろうとするバスを沖まで引きずり出し
無事に45cm1400gをキャッチすることが出来ました。
同じパターンで45cm1500gを1本追加しタイムアップ。

1時間の間に5本の40cm~50UPを掛けたが、3本のラインブレイク・・・・。

検量の結果2本で2900g、2位に1kgの差を付け優勝することが出来ました。

今回使用したロッドは本物のエンジンのスピニングロッド、
サーキットクラスSBCS-600SLH2MGでした。
シャローバスの強引な引きにも負けずに見事沖まで出す事が出来たのも、
このロッドのポテンシャルのおかげでした。
感度も良く、操作性に優れバランスのとれたロッドです。
店頭に有りますので、皆さんも手に取り確かめて見てはいかがでしょうか?


9月の最終戦、津久井湖も頑張ります。
  1. 2012/08/26(日) 12:10:36|
  2. 浅見克美プロ

相模湖レポート5月27日:浅見克美

皆さんこんにちわプロスタッフの浅見です。

5月27日に相模湖へ行って来ましたので、レポートさせて戴きます。
120527_1751~03

天候:晴れ
水温:17.6度
水質:薄濁り

当日の相模湖の状況はプリスポーン・アフタースポーン・回復系の
バスが混在していて、とても釣りずらい状況でのスタート。

最初に入った場所は本湖の小寒沢ワンド。
同船者が岸と平行にエンジンVISHOP60(#26 シャイニングシャッド)
超スローリトリーブでまずは、300gのバスキャッチ・・・・!!
TS3Y0159.jpg

※この時期限定エンジンVISHOP60マル秘テクニック※
VISHOP60を目標の水深まで潜らせた後に、ロールしない位のスピードで
超超超スローリトリーブ!!(ロッドワークのみで・・)
アフターの疲れ切ったバスに、お勧めテクニックですがバイト時に即合わせが必要・・・・・。
試して下さい。

その後中流部の吉野ワンドへ入り最奥の護岸されている壁にサスペンドしている
ビックバスを確認出来たので、エンジンJETPROP65(♯11フラッシュチャート)をキャスト!
サスペンドしているバスの水深まで、フォールさせジャークさせると即バイト。

無事にキャッチし計った結果、50cmの2150gのナイスバスでした。
120527_1752~02


今回使用したリールのハンドルには
Zansin矢口オリジナル」を使用しました。
巻きごこちはもちろん、50UPの引きにもパワー負けすることなく
超お勧めです。
なんといっても「かこいい!!」

Zansin矢口オリジナルエンジンVISHOP60エンジンJETPROP65
店内で販売しておりますので、皆さんも是非使用してみて下さい。

それと、これからの時期にJETPROP65は特にお勧めです。
相模湖お勧めカラーも乗っているので「レポートVol.3 JETPROP実釣in相模湖」を見て下さい。

次回、相模湖レポートをお楽しみに!!!
  1. 2012/05/29(火) 17:11:02|
  2. 浅見克美プロ
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。