スタッフコラム

矢口プロスタッフによるコラムです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ENGINE NEWワーム レポート:菅谷淳一

こんにちは、菅谷です。

リヴィングストレート2

今回は、先日エンジンから発売
リヴィングストレートのレポートをします。

一見ストレートワームのお尻にピンテールが
付いているだけに見られがちですが、よく見ると、
ボディーの半分で非対称の形状になっています。

リヴィングストレート1

実際に細めのボディーに非対称形状だと、
どのような事が起こるかと言うと、
面により水の絡みが一定で無いため
アングラーが意図的にアクションを付けなくとも、
微かな水の流れである程度
自発的にアクションしてくれます。

これは、ラインを動かさなくても
自然にリヴィングストレートがアクションしてくれるので
ハイプレッシャーの時など、
ラインよるプレッシャーを軽減する事ができます。

また、ボトムをズル引きしていて
石などに引っかかっている時や、
ヘビダンでカバーの中に入れてステイしている時も、
微かに震える様なアクションをしているので、
バスにアピールしています。

私はこの時期にストレートワームを縦ざしにして、
ミドストをする事が多いですが、
今迄使っていたストレートワームは
上下にヘコヘコする動きだけでしたが、
リヴィングストレートでミドストをすると、
ヘコヘコアクション+震えるアクションと言う感じで
バスへのアピールはリヴィングストレートの方が高いと思います。

CIMG5942.jpg

サイズも3.8インチ、4.8インチ、5.5インチの3種類、
カラーもこの時期、津久井湖、相模湖で強い
シルエットの強いソリットブラック、スカッパノンペッパーなど
10色のラインナップになっています。
矢口釣具店さんにも揃っていますので、皆さんチェックしてみてください。
また、聞きたい事など有りましたら気軽に声を掛けてください。
  1. 2014/08/15(金) 15:48:02|
  2. 菅谷淳一プロ

ENGINEタックルレポート:菅谷淳一

今回はエンジンのNEWロッドのレポートをします。
CIMG5361.jpg
この春エンジンからスペルバウンド・サーキットクラスのスピニングモデルに
新しいモデル2機種が追加され、新登場いたします!!

いままでエンジンから発売されたスピニングロッドは
全てフルソリッドモデルでしたが、
今回発売された2本のスピニングロッドはエンジン初のチューブラーモデル!

まず私が思ったのは凄くカッコイイ!!格好だけではなく、
最先端の技術が盛り込まれています。
グリップはロッド本体が伝えてくれるボトムなどの情報をダイレクトに
手に伝えてくれる形状に改良された“TVS”を搭載、
“TVS”はスピニングのリールシートの精度を追求した新型モデル。
ガイドも今話題の最新型“トルザイトリング”ガイドを採用していて
とてもラインの滑りが良く、キャスト時の抵抗を少なくするだけでなく、
ライン自体の変形を軽減するため糸ヨレも従来の物よりも少なくなる
設計になっています。
CIMG5362.jpg
・SBCS-604T0 はノーシンカーをメインにし汎用性の高いモデル
・SBCS-607T2 はパワーフィネスやカバー周り、またディープレンジの
5g以上のダウンショットに力を発揮してくれそうなモデルです。
特にリザーバーでの釣りに欲しかったこの2機種のモデルが追加になり
今シーズンも今後が楽しみです!
新たなモデルの登場によりリザーバー攻略の引き出しも増えますので
この新機種2本を今年はバリバリ活用していきます!
気になる方は是非チェックしてみて下さい。
  1. 2014/04/30(水) 15:16:06|
  2. 菅谷淳一プロ

噂の微波動ワーム!:浅見克美

こんにちは!!
プロスタッフの浅見です。
写真

寒さが厳しい季節に成りましたが、皆さんはフィールドに足を運んでいますか?

この時期に成ると皆さんも気になりますよね!津久井湖オープン!!
現在の津久井湖は、まだ何とかバスをキャッチ出来ていますが
12月に入った津久井湖バスは簡単には釣れなくなります。

そろそろディープのストラクチャーに付くバスを意識する必要が出てきますよね!
私が、ディープ攻略で最近欠かせないリグは『2.6gジグヘッドガード付きと2.6gスモラバ』です。

ジグヘッドには、もちろんアライブシャットの4inch!!
グリーンサンダは皆さんも使用していると思いますが
私は最近パープルサンダーを多く使用しています!!

釣り方は、ディープエリアや岬周りに点在するスタンプにステイさせるだけ!!
神社跡や台地がお勧め!!それと11番右側に有る浅見スタンプ沖側・・・(笑)

ちなみにスモラバも同じ釣り方ですが、リフト&フォールがキモ!
バイトは抑え込むような・・・根掛りのような・・・ん~文書では説明が難しい・・・(笑)

それと!!!!
ENGINEより先日発売さた、その名も『FALL CRAWLER 5inch』
津久井湖のディープ攻略に欠かせないアイテムです。
CIMG4707.jpg
CIMG4708.jpg

ダウンショットはもちろん、ネコリグやスモラバのトレーラーにも最適です。
これからの時期の津久井湖は、『止めて食わす』が基本です。

ディープエリアや岬周りに点在するスタンプに、FALL CRAWLERをステイさせ
最大の特徴である『微波動』!!
特にステイさせた時のテールの動きは、必ずバイトチャンスを与えてくれます。

この時期の数少ないバイトチャンスを逃さずに、FALL CRAWLERとアライブシャッドの
凄さを津久井湖で体感してみて下さい。

私も、最強の武器で残りの津久井湖オープンを全力で戦います。
  1. 2013/11/29(金) 13:41:17|
  2. 浅見克美プロ

H‐1GPX相模湖戦レポート7月28日:浅見克美

皆さんこんにちは!!
プロスタッフの浅見克美です。


7月28日(日)に開催された、
今話題のハードルアーオンリートーナメント
H-1グランプリ2013第4戦in相模湖へ参戦致しましたので、
レポートします。

072813-7.jpg

このトーナメントはリミット3本、
キーパサイズ無しと、参加者全ての方が楽しめる大会で

AOYには、
アメリカバスフィッシングツアーが贈られるトーナメントで、
参加者皆さんもとても熱く、ハードルアーオンリーのため、
とても新鮮でした。


無事にボートとタックルのセッティングを終え、
開会式が始まりました。
一通りルール説明などが終ったところで、
H-1トーナメントディレクターの鈴木様より
相模湖特別ルールとしてウィナーには
相模湖ダイブを行ってもらうとの説明が有りました・・・(後ほど)


さて、大盛り上がりの開会式も終り、いよいよスタート!!


まず一番最初に入ったエリアは『あげさわワンド』で、
ルアーはダイナモバズを選択・・・・反応ナシ。
このワンドは、サイトでバスを確認出来る場所ですが、
バスは確認出来ませんでした。


この時点で、前日に降ったゲリラ豪雨の影響で
バスのレンジが下がっていると思い、場所を『勝瀬橋』へ移動。


魚探で6~10mを確認すると、とても良いベイトの反応が有り、
ルアーをメタルジグに変え、シューティングで狙うも反応ナシ。
魚探の反応からミドル~ディープを諦める事が出来ずに、
ルアーを縦の動きではなく、横の動きを試したく
エリアを近くの『馬の背』←(古い人は知ってる?)へ移動し、
ルアーをマッドペッパーマグナムに変更し
5m~8mをドラッキングしているとバイト!!!
上って来たのは、46cm1260gのナイスサイズでした。


何度かコースを変えドラッキングしましたが、
バイトが無い為、移動。


次に入ったエリアは公園前の5m~8mのフラット、
この場所も魚探の反応は良く、早速ドラッキングを開始!
すると2往復目でバイト・・・!
上って来たのは600g前後のバスでした。


この時点で、開会式の一言が・・・・・。


その後、ドラッキングエリアを数か所回りましたが、
追加することが出来ずに、最後の1本を取る為に
エリアは『青田ワンド』へ移動し、
ルアーはジェットプロップ65(ゴーストパールアユ)へ変更!

キーパーサイズが無いので、20cm200gを最後に追加しリミット達成!!

(なんと言っても、もの凄い集魚力の為、
1時間の間に10cm~20cmを20~30匹釣りました)


その後、時間も無くなり会場の日相園に戻り、
検量の結果3本で2060gで
なんと・・・・1位に成りました。


ってことで、ダイブも決定・・・・!


072813-6.jpg


せっかくの瞬間が水しぶきだけ・・・・


072813-3.jpg


泳いで上陸・・・


072813-4.jpg


約100名の中での初ダイブは、気合入りました。


その後、びしょ濡れの私を中心に最後に全体写真を取り無事に?
トーナメントが終了致しました。
072813-2.jpg
本当に、最初~最後まで楽しいトーナメントでした。
また来年も参加したいと思います。


それと今回のトーナメントでは、
多くの方がジェットプロップを使用していました。
いろいろな方に『ジェットプロップやばいね!』
『ジェットプロップなら誰でも釣れるね!』などの
嬉しいコメントをたくさん戴きました。


使用方法は簡単です!キャスト後、ただ巻きでつれてしまうルアーです。
現在の相模湖や津久井湖であれば、初心者アングラーや女性や子供達でも、
多くのバスをキャッチ出来るルアーですので、お試し下さい。


ちなみに、私の相模湖・津久井湖お勧めカラーは!!!
ゴーストパールアユ / コッパーシャッド / フラッシュワカサギですよ~!


是非、皆さんもジェットプロップで多くのバスをキャッチして下さい。


072813-5.jpg


◆使用タックル◆

≪マッドペッパーマグナム≫
ロッド:ENGINE・スペルバウンドSBC-606M
リール:TDZ
ハンドル:残心(ザンシン)ZH-86
ライン:10lb

≪ジェットプロップ≫
ロッド:ENGINE・サーキットクラスSBCC-602SL1MG
リール:TDZ
ハンドル:残心(ザンシン)ZH-86
ライン:8lb
  1. 2013/07/30(火) 14:43:06|
  2. 浅見克美プロ

H‐1GPX津久井湖戦レポート6月30日:千葉隆

みなさんこんにちは、スタッフの千葉です。
今回は最近ちまたで話題となっている
ハードベイトオンリーの大会
「H-1 GRAND PRIX津久井湖戦」に参加しました。
CIMG2938.jpg

まずは結果から言うと、
お立ち台まで一歩及ばず、880g(3本)で寸止めの6位。
数は釣れたのですがサイズがね…
CIMG2953.jpg

今回は2週間前から気合を入れてプラをやったところ、
サイズは選べないものの
数はかなり釣れるパターンを見つけたんです。
エリア的には赤茶色の濁りがキツイ8番~12番。
その悪い水質のエリアにあるインレット(フレッシュウォーター)には
やる気満々のバスが集まっていて、
ルアーを通せばイージーに喰ってくるんですよ。
まあ、ルアーが合っていればの話ですが。

このパターンを見つけた当初は
チャート系の3DSクランクディープタイニーNなど、
ウォブルの強いルアーへの反応が良かったんですが、
大会が近づくにつれ反応は極端に悪くなり、
リアフックに皮一枚で掛ったり、
フックアップしても直ぐにバレたりと、
ルアーの好みが変わってしまったみたい。
しかも、ボートのすぐ近くで下から喰い上げる様なバイトが多く、
レンジも少し深くなったご様子。

当日はプレッシャーで更に反応が悪くなりそうなので、
アクションをちょっとタイトにし、
レンジも少し深めを探れるハードコアシャッド(アンバータイガー)
HARDCORE SHAD 60SP

早引きで攻めてみたところ、バスのハートをガッチリつかんだ様で、
美味そうにフロントフックを喰ってました!
大会開始から15分ぐらいでリミットを揃え、
約2時間で合計10本ぐらいキャッチ。
4回も入れ替えしをしたにもかかわらずこのウエイト。
それ以降はビッグサイズを求めてハードコアクランクXX 4+
マンズ30+で水深6~8mをドラッキングで引っ張り回したのですが…
どうも季節を先取りしすぎた様です。

にしても狙い通りにハードベイトでこれだけ釣れると
かなり面白いですよ。
みなさんもたまにはハードベイト縛りにトライしてみては。

<使用タックル>

HARDCORE SHAD 60SP
ロッド:6.10feet Medium Action
ライン:HARDCORE QUICK SHOT CARBONYLON 10Lbs

HARDCORE XX CRANK 4+
ロッド:6.8feet Medium Heavy Action
ライン:HARDCORE QUICK SHOT FLUOROCARBON 12Lbs
  1. 2013/07/05(金) 14:37:06|
  2. 千葉隆プロ
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。