FC2ブログ

スタッフコラム

矢口プロスタッフによるコラムです。

H‐1GPX相模湖戦レポート7月28日:浅見克美

皆さんこんにちは!!
プロスタッフの浅見克美です。


7月28日(日)に開催された、
今話題のハードルアーオンリートーナメント
H-1グランプリ2013第4戦in相模湖へ参戦致しましたので、
レポートします。

072813-7.jpg

このトーナメントはリミット3本、
キーパサイズ無しと、参加者全ての方が楽しめる大会で

AOYには、
アメリカバスフィッシングツアーが贈られるトーナメントで、
参加者皆さんもとても熱く、ハードルアーオンリーのため、
とても新鮮でした。


無事にボートとタックルのセッティングを終え、
開会式が始まりました。
一通りルール説明などが終ったところで、
H-1トーナメントディレクターの鈴木様より
相模湖特別ルールとしてウィナーには
相模湖ダイブを行ってもらうとの説明が有りました・・・(後ほど)


さて、大盛り上がりの開会式も終り、いよいよスタート!!


まず一番最初に入ったエリアは『あげさわワンド』で、
ルアーはダイナモバズを選択・・・・反応ナシ。
このワンドは、サイトでバスを確認出来る場所ですが、
バスは確認出来ませんでした。


この時点で、前日に降ったゲリラ豪雨の影響で
バスのレンジが下がっていると思い、場所を『勝瀬橋』へ移動。


魚探で6~10mを確認すると、とても良いベイトの反応が有り、
ルアーをメタルジグに変え、シューティングで狙うも反応ナシ。
魚探の反応からミドル~ディープを諦める事が出来ずに、
ルアーを縦の動きではなく、横の動きを試したく
エリアを近くの『馬の背』←(古い人は知ってる?)へ移動し、
ルアーをマッドペッパーマグナムに変更し
5m~8mをドラッキングしているとバイト!!!
上って来たのは、46cm1260gのナイスサイズでした。


何度かコースを変えドラッキングしましたが、
バイトが無い為、移動。


次に入ったエリアは公園前の5m~8mのフラット、
この場所も魚探の反応は良く、早速ドラッキングを開始!
すると2往復目でバイト・・・!
上って来たのは600g前後のバスでした。


この時点で、開会式の一言が・・・・・。


その後、ドラッキングエリアを数か所回りましたが、
追加することが出来ずに、最後の1本を取る為に
エリアは『青田ワンド』へ移動し、
ルアーはジェットプロップ65(ゴーストパールアユ)へ変更!

キーパーサイズが無いので、20cm200gを最後に追加しリミット達成!!

(なんと言っても、もの凄い集魚力の為、
1時間の間に10cm~20cmを20~30匹釣りました)


その後、時間も無くなり会場の日相園に戻り、
検量の結果3本で2060gで
なんと・・・・1位に成りました。


ってことで、ダイブも決定・・・・!


072813-6.jpg


せっかくの瞬間が水しぶきだけ・・・・


072813-3.jpg


泳いで上陸・・・


072813-4.jpg


約100名の中での初ダイブは、気合入りました。


その後、びしょ濡れの私を中心に最後に全体写真を取り無事に?
トーナメントが終了致しました。
072813-2.jpg
本当に、最初~最後まで楽しいトーナメントでした。
また来年も参加したいと思います。


それと今回のトーナメントでは、
多くの方がジェットプロップを使用していました。
いろいろな方に『ジェットプロップやばいね!』
『ジェットプロップなら誰でも釣れるね!』などの
嬉しいコメントをたくさん戴きました。


使用方法は簡単です!キャスト後、ただ巻きでつれてしまうルアーです。
現在の相模湖や津久井湖であれば、初心者アングラーや女性や子供達でも、
多くのバスをキャッチ出来るルアーですので、お試し下さい。


ちなみに、私の相模湖・津久井湖お勧めカラーは!!!
ゴーストパールアユ / コッパーシャッド / フラッシュワカサギですよ~!


是非、皆さんもジェットプロップで多くのバスをキャッチして下さい。


072813-5.jpg


◆使用タックル◆

≪マッドペッパーマグナム≫
ロッド:ENGINE・スペルバウンドSBC-606M
リール:TDZ
ハンドル:残心(ザンシン)ZH-86
ライン:10lb

≪ジェットプロップ≫
ロッド:ENGINE・サーキットクラスSBCC-602SL1MG
リール:TDZ
ハンドル:残心(ザンシン)ZH-86
ライン:8lb
  1. 2013/07/30(火) 14:43:06|
  2. 浅見克美プロ

H‐1GPX津久井湖戦レポート6月30日:千葉隆

みなさんこんにちは、スタッフの千葉です。
今回は最近ちまたで話題となっている
ハードベイトオンリーの大会
「H-1 GRAND PRIX津久井湖戦」に参加しました。
CIMG2938.jpg

まずは結果から言うと、
お立ち台まで一歩及ばず、880g(3本)で寸止めの6位。
数は釣れたのですがサイズがね…
CIMG2953.jpg

今回は2週間前から気合を入れてプラをやったところ、
サイズは選べないものの
数はかなり釣れるパターンを見つけたんです。
エリア的には赤茶色の濁りがキツイ8番~12番。
その悪い水質のエリアにあるインレット(フレッシュウォーター)には
やる気満々のバスが集まっていて、
ルアーを通せばイージーに喰ってくるんですよ。
まあ、ルアーが合っていればの話ですが。

このパターンを見つけた当初は
チャート系の3DSクランクディープタイニーNなど、
ウォブルの強いルアーへの反応が良かったんですが、
大会が近づくにつれ反応は極端に悪くなり、
リアフックに皮一枚で掛ったり、
フックアップしても直ぐにバレたりと、
ルアーの好みが変わってしまったみたい。
しかも、ボートのすぐ近くで下から喰い上げる様なバイトが多く、
レンジも少し深くなったご様子。

当日はプレッシャーで更に反応が悪くなりそうなので、
アクションをちょっとタイトにし、
レンジも少し深めを探れるハードコアシャッド(アンバータイガー)
HARDCORE SHAD 60SP

早引きで攻めてみたところ、バスのハートをガッチリつかんだ様で、
美味そうにフロントフックを喰ってました!
大会開始から15分ぐらいでリミットを揃え、
約2時間で合計10本ぐらいキャッチ。
4回も入れ替えしをしたにもかかわらずこのウエイト。
それ以降はビッグサイズを求めてハードコアクランクXX 4+
マンズ30+で水深6~8mをドラッキングで引っ張り回したのですが…
どうも季節を先取りしすぎた様です。

にしても狙い通りにハードベイトでこれだけ釣れると
かなり面白いですよ。
みなさんもたまにはハードベイト縛りにトライしてみては。

<使用タックル>

HARDCORE SHAD 60SP
ロッド:6.10feet Medium Action
ライン:HARDCORE QUICK SHOT CARBONYLON 10Lbs

HARDCORE XX CRANK 4+
ロッド:6.8feet Medium Heavy Action
ライン:HARDCORE QUICK SHOT FLUOROCARBON 12Lbs
  1. 2013/07/05(金) 14:37:06|
  2. 千葉隆プロ

津久井湖レポート6月2日:浅見克美

みなさんこんにちわ!
プロスタッフの浅見です。

先日、6月2日に行われました
東京チャプター第3戦(津久井湖)
ラッキークラフトカップに参加し
2位入賞致しましたのでレポート致します。
20130602-1.jpg

当日は梅雨入りしたにも関わらず、
雨の降らない日が続いたことにより
湖の水位は通常より5~6m減水していて
濁りも入り釣りずらい状態で、
私の得意なカバーも全て出ている状況でした(泣)

スタート目前まで、
下流に行くか上流に行くか迷っていましたが、
参加選手の7割が下流に向け船を走らせていたので、
少しでもプレッシャーの低い上流に向かいました。

上流に向かう途中6番のかすかに残るカバーへ
ラバージグを打つも反応なし。
6番⇒名手橋まで、VISHOP60(ENGINE)
岩盤沿いを流していましたが、
巻き物にも反応が有りませんでした。

その後、名手ワンドの崖崩れ跡に入り、
先日発売されたENGINEベイトフィネスロッド
SBCC-609SLT2MGにセットした
スワンプクローラのネコリグを
岸際にキャストしミドストぎみで引いていると、
かすかなバイトが有りフッキング!!
上って来たのはキーパーぎりぎりの450gでした。

さらに少し上流で同じパターンで800gを追加したところで、
このパターンで1日やりとうそうと決め
場所を11番のエアレーションの当たる
左側の岩盤の張り出しにスワンプをキャストし
ミドストぎみで引いていると、
今度は明確なアタリが・・・・
フッキングしたところで、
明らかに今までの引きとは違い、
慎重なやり取りをしていましたがジャンプで痛恨のバラシ・・・(残念)
『バラしたさかなはでかかった』1500gは有ったのに・・・(泣)

気持ちを入れ替え名手ワンドの崖崩れ跡に戻り、
スワンプをキャストするとロッドに抑え込むようなバイト!!
上って来たのは1200gのキッカーをキャッチすることが出来ました。

その後、自分のテンションも上がりスワンプを投げ続けましたが、
時間も無くなり帰着致しました。
検量の結果、3本2460gで2位入賞することが出来ました。

今回、バスをキャッチしたロッドは、
全てSBCC-609SLT2MG(ENGINE)でした。
enginerod.jpg
このロッドは繊細なバイトも手元に伝えてくれ、
ビックバスにも負けないパワーを持ったロッドです。
店頭にも並ぶころだと思いますので、
是非手に取りポテンシャルの高さを実感してみて下さい。

新しい武器を手に年間目指して頑張ります。

次戦は相模湖でENGINEカップです。
是非、皆さん参加して下さい
  1. 2013/06/19(水) 14:03:28|
  2. 浅見克美プロ

利根川レポート5月3日:千葉隆

みなさんこんにちは、スタッフの千葉です。
ゴールデンウィークも残りわずかですが、
みなさんは釣りに行かれましたか?

オイラは前半にリールのドレスアップを行い。
後半は利根川へ行ってきました。
ドレスアップについては以前から気になっていた
ハンドルを交換してみました。
最近ではカーボンやジュラルミンなどの素材に
カラーリングされたモノが各社から数多く発売されていて
どれを選んで良いのか迷ってしまいますよね。
その中からオイラはいつもお世話になっている
矢口釣具店オリジナルの「Zansin」をセレクト。
ハンドル_2
このイケてるデザインで6500円という財布に優しい
コストパフォーマンスは他社にはありませんからね。
今回はTD-Zに装着したのですが、このリールの場合、
センターナットとリテーナーの交換も必要となるにも関わらず
1台当たりの総額は7025円と非常にリーズナブル!
しかもリールを持っていけば
その場で交換してくれるところもいいですね!

今回はカバー撃ち用と巻物用のリールの
ハンドルを変えたのですが、
これによる軽量化(約5g)が
実際にどの様に体感できるかを5/3に試してきました。

毎年の事ですがゴールデンウィークの利根川は
代搔きによる濁り+アフタースポーンの体力低下で
かなり難しいですよ。
なのでこの日はエリアを長門川と将監川に絞り込んで
撃ちまくってみました。
水温が19℃もあるので早朝はNOI-Z(DUEL)などの
トップでスローに狙ったのですが無反応。
10時を過ぎて日差しが強くなり
カバーにバスが付く頃を見図ってフォールクロー(ENGINE)
7gテキサスリグでのカバー撃ちにチェンジ。
始めはカバーの外側を中心に狙っていたのですが
相変わらず生命感ゼロ…。
そこで少しでも濁りが少なそうなカバーの
奥の奥を狙ったところフォール中にバイト!
ラインはXX(DUEL)の18Lbsのなで
臆することなくパワフルフッキングし、
引きずり出したのは40cm弱のバス。
130503_利根川_1
この時はWorm310(がまかつ)の2/0を使っていたのですが、
ストレートフックは掛りが深く、本当にいい所に刺さりますよね。
この後おなじリグで2本を追加。

更にPEラインX8(DUEL)の20Lbsを使った
パワーフィネスでオーバーハングの奥にノーシンカーセンコーを
滑り込ませて2本を追加し、
合計30~40cmのバスを5本キャッチしました。
ハンドル軽量化の効果については変わらないというか…
正直ほとんどわかりませんでした。が
ちょっとおしゃれになったタックルで釣りをしていると
モチベーションが上がり非常に楽しいですよ。
みなさんも試してみてはいかがですか。

<使用タックル>

◆トップウォーター
ロッド: 6.8feet Medium Action
ライン:HARDCORE BASS 16Lbs

◆テキサスリグ
ロッド: 7.6feet Heavy Action
ライン:HARDCORE XX 18Lbs

◆パワーフィネス
ロッド:6.2feet Medium Light Action
ライン:HARDCORE X8 20Lbs
  1. 2013/05/05(日) 20:51:22|
  2. 千葉隆プロ

津久井湖レポート3月17日:浅見克美

皆さんこんにちは、プロスタッフの浅見です。
少し暖かくなり、フィールドに足も運びやすくなり、
各地で釣果情報が聞こえて来ましたね!!

__.jpg

私は3月17日に開催された、
NBC東京チャプター第1戦(津久井湖)に参戦致しました。
まだまだ、厳しい津久井湖から、
なんとか1本をしぼり出し、
2位入賞致しましたのでレポート致します。

当日の状況は、参加選手のほとんどが上流を目指す中、
私は中流域の6番左側より、
テキサスリグ(フォールクロー)で、
シャローカバーに潜むバスを狙いスタート。

釣れそうな感じはありものの、
6番から名手橋手前のフラットエリアまで
シャローを打つもバイト無し・・・・・。

その後、名手ワンドに入り、カバーに絡むバスを発見するも、
バイトに持ち込めず、そのまま一気に最上流へ移動しました。

上流域では、釣れてる情報の有った、
サスペンドミノーやシャッドなどの巻き物で攻めるも、
異常無し・・・・・。

上流から下流へ戻る途中、ふと、以前の釣果を思い出し、
名手橋下流右側の、フラットエリアに絡む
ブレイクのスタンプ群(8.5m)が気になり、
エコカットテールのDSをピンポイントで真下に落とし、
スタンプに引っ掛け、ラインを張り気味にシェイクしていると、
待望の明確なアタリ!!!!!!!

上がって来たのは、42cm1420gのナイスバスで、
検量の結果、2位入賞することが出来ました。

今回、またまた活躍してくれたタックルは、
ロッド:ENGINE・SBCS-600SL2MG(フルソリッド)
シンカー:SUTUDIO100・ドロップショット(FECO)
最強コンビでした。

本当に、ここぞという時に毎回助けてくれるタックルです。
なんと言っても感度の良さは抜群ですよ~!

ディープでの釣りには手放す事の出来ない信頼の置けるロッドです。、
店内でも、販売していますので、皆さんも手に取り実感してみて下さい。

4月の相模湖戦は気合を入れ良い報告が出来る様に頑張ります。
  1. 2013/03/28(木) 09:32:17|
  2. 浅見克美プロ
前のページ 次のページ