FC2ブログ

スタッフコラム

矢口プロスタッフによるコラムです。

利根川レポート1月5日:千葉隆

新年あけましておめでとうございます。
スタッフの千葉です。

釣れちゃいました!初バス!!
去年はあれだけ苦労したのに、
今年はすんなり釣れました。今回はその報告をします。

オイラは1月3日に津久井湖で仲間内10名集まって開催された
プチトーナメントに参加したのですが
バスをキャッチする事が出来ず、
前のレポートの通り浅見君に見事やっつけられてしまいました…
それが非常に悔しくてリベンジしに行こうと思ったのですが、
場所が津久井湖なだけに高い確率で返り討ちに合いそうなので
1月5日に利根川へ行ってきました。

この時期はルアーやエリアをある程度
絞り込んで攻めた方がいい結果が出るので、
狙いを消波ブロックに絞り、
ルアーはこの時期定番のハードコアシャッド60SP(デュエル)、と
リトルマックス7g(エバーグリーン)の2本立てで攻める事にしました。

ボートを浮かべるとスロープ周辺の水温は4度台と非常に低いため、
周辺を軽くチェックした後、
少しでも水温が高いと思われる下流域の佐原エリアへ移動。
まずは水郷大橋の上流側にある消波ブロックの隙間を
ハードコアシャッド60SPで狙ったのですが反応ありません。
アウトサイドではボトム付近にベイトがチラホラ映るので
張り出している消波ブロックを
リトルマックスのリフト&フォールで攻めるも反応は無し。
当然の事だけとこの時期そんなに簡単に釣れるわけは無く、
移動しながらめげずに同じ様なロケーションを攻め下って行くと、
カレントが効きだした13時にリトルマックスを押さえ込む様な鈍いバイト!
すかさず合わせを入れ消波ブロックに入り込もうとするバスを
いなしながら引き寄せ、コンディションの良い40cmの
初バスをキャッチする事が出来ました。
120105_利根川_2

今年からリトルマックスやメタルジグにはXワイヤー(PEライン)
使っているのですが、ラインに伸びがないので
今まで分からなかった様なショートバイトも確実に捉えることが出来、
しかもフッキングが確実に決まり(今のところミスはほぼゼロ!!)、
マジでその効果にビックリです(津久井湖ではニゴイですが検証済みです(悲))。
今までパワーフィネスやフロッグでしか使っていなかったPEラインですが、
使い方によっては今まで得ることが出来なかった素晴らしい釣果を
もたらしてくれる可能性ありありです。
みなさんも是非試してみては如何ですか。

<使用タックル>

◆リトルマックス7g
ロッド: 6.3feet Medium Action
ライン:X‐Wire 22Lbs

ハードコアシャッド60
ロッド: 6.10feet Medium Light Action
ライン:トランスリアライズ T5 10Lbs
  1. 2013/01/08(火) 11:08:46|
  2. 千葉隆プロ

津久井湖レポート1月3日:浅見克美

新年、明けましておめでとうございます。
プロスタッフの浅見です。

皆さん、釣り始めは行きましたか?
1月3日毎年恒例の極寒の津久井湖に
チャレンジして来ましたので、レポート致します。

昨年も1月3日の釣り始めで、
馬渡りワンドの13mのスタンプで、奇跡の1匹を
釣り上げることが出来ましたので、
今年も同じパターンで同じ場所と水深をチェックしようと、
まず始めに入った場所は「神社跡10~14m」で
ENGINEロッド・スペルバウンドサーキットクラス
SBCS-600SL2MG(カーボンフルソリッドスピニング)

アライブシャッド4インチ(グリーンシマー)
ジグヘッド2.6g(ガード付き)を
セットしスタンプ周りを攻めるが、バイト無し。

次に、入った場所は、三井大橋下流に有る「大地10~14m」で、
このポイントにも大きなスタンプが岬周りに点在し、
バスがスタンプにタイトに付いている場所です。

魚探でスタンプを確認し、ジグヘッドを真下に落とし
リグでスタンプを確認した後のワンアクションで
なんと、SBCS-600SL2MGのティップにかすかな当りが・・・!!
間髪いれずに合わせた結果、
上がって来たのは、42cm1300gのバスでした。
バス写真②

この場所での釣り方は、いかにスタンプにリグを絡めるかがキモ!!
アクションはシェイクやズル引きではなく、
メタルジグのように小さくシャクル方法が
私の真冬のスタンプ攻略のキモです!!!!
皆さん、試して下さいね~。

今回使用したアライブシャッドのカラーは、『グリーンシマー』です。
CIMG1256.jpg
昨年より密かに使用しているカラーで
グリーンサンダーのお腹の部分がゴールド色!!
グリーンサンダー同様の実績が有りましたよー!!
皆さんも、試してみて下さい。

また、今回は防寒の為にENGINEより
昨年発売されたナックルウォーマーで完全防寒!!
グローブ
手の甲を防寒し、指先と手のひらは出ているので、
グローブをするとショートバイトが
取りずらいと思っている方に是非お勧めです!!
今回もロッドに出た、かすかなショートバイトも
逃すことなく手のひらまで伝えてくれました。
これからの時期には必要不可欠なアイテムですよ~!!
店頭でも販売していますので、
皆さんも使用してみては、如何でしょうか?

また、2013年も引き続きJB河口湖B
・東京チャプター・津久井湖オープンに全力で参戦致します。
また、矢口オリジナル商品(つれるぞ~!)を始め、
河口湖・相模湖・津久井湖の情報を
皆様へお届け致しますので、
今年も、どうぞ宜しくお願い致します。
バス写真①

ロッド :ENGINE・スペルバウンドサーキットクラス
  SBCS-600SL2MG(カーボンフルソリッドスピニング)

ライン :3lb
リグ :ジグヘッド2.6gガード付き
ワーム :アライブシャッド4インチ
カラー :グリーンシマー
(まささんに聞いてね~!)
  1. 2013/01/05(土) 18:29:19|
  2. 浅見克美プロ

津久井湖レポート10月8日:菅谷淳一

10月8日の津久井湖釣行をレポートします。

今回の釣行のテーマは、ディープの練習でした。
最近の私は、数はキャッチできるものの、
大型のバスには出会えていないので、
今回はあえてシャローを封印して、ロッドを3本にしぼり、
ドラッキングを中心に広範囲にチェック、
気になったボトムの形状やストラクチャーを
再チェックしながら丁寧にアプローチして、
ビッグバスをキャッチできればと出動しました。

始めに観光前と4番のフラットエリアの5~15m位までを、
魚探でベイトフィッシュの群れを探すも確認できなかったので、
神社下や老人ホーム前の島7~10mをダウンショットリグで
アプローチすることにしました。
すると3~4本バスをキャッチすることができましたが、
20~27cmまでとサイズが伸びなかったので、
もう一度フラットエリアに的を絞り、
今度は4番から日赤下エリアを、
ドラッキングを中心にでアプローチする作戦に切り替えました。
水深8~12m位のボトムをディープクランクで
ドラッキングしながらボトムノックさせていると、
10mのボトムで約35cmのバスをキャッチすることができました。
その後同じエリアを少しずつ位置を変え、
2時間程ボトムのストラクチャーやブレイクをチェックしながら
何回もトレースするも続かずノーバイト。
しかも長時間Mann’s30+クランクのドラッキングを行ったため、
手や肩がパンパン!限界!!!
休憩を兼ねてドラッキングで流しているときに、
気になったボトムの変化をダウンショットと
テキサスリグでバーチカルにアプローチすることにしました。
mini_121013_14570001.jpg
ホンデックス・ワイドスキャン使用
すると大正橋沖のチャンネル跡と
日赤側からきたブレイクが重なった所の水深12mに
近日エンジンから発売される、
フォールクロー(プロト)のテキサスリグを
フォールさせボトムを取り、もう一度リフトすると
ゴーン!!と強いバイト!即合わせると強烈な引き!
2012100814350000.jpg
フォールクローでのランカー
必死に耐えながらキャッチしたバスは50upの満足のいくビッグバスでした。
その後もフラットエリアの気になるポイントをバーチカルにアプローチし、
2本キャッチし良い練習にもなりとても楽しい一日でした。

フォールクローのフォール時のアピールですが、
私の感覚では、パカクローほどアピールが強くなく、
ツインテールグラブよりアピールしてくれて調度良く仕上がりました。
11月初旬には矢口釣具店に並ぶと思いますので、
皆さんもチェックしてみてください。

ロッド:5.6ベイトロッド津久井湖、相模湖スペシャル(プロト)
ルアー:フォールクロー(グリパン系)
シンカー:スタジオ100バレットシンカー8.8g
ライン:サンラインFC琵琶湖スペシャル7lb
  1. 2012/10/17(水) 09:23:47|
  2. 菅谷淳一プロ

NBCチャプター東京第5戦レポート8月19日:浅見克美

皆さんこんにちは
プロスタッフの浅見です。

8月19日に行われた
東京チャプター第5戦フラッタ―カップ(相模湖)に
参加し優勝することが出来ましたので、
レポート致します。

120819_1352~05

当日の相模湖の状況はまさに夏本番の
超熱い日差しの中、スタートしました。
当初の予定では、この暑で本湖のディープエリア、
一二三沖や青田ワンドの馬の背に避難している、
ビックバスを朝一から狙う予定でしたが、
やはりシャローマンの私にはどうしても
シャローカバーが気になり、
テキサスリグでチェックするも、
釣れて来るのは25cm前後の200g~250gの
バスばかりで話になりませんでした。

気持ちを切り替え、本湖のデープエリアに向かう途中、
「虫パターン専用の私の木(笑)」が
気になり、一号区へ向かいました。
ポイントへ近づき周りを確認すると、
やはり木の真下に沈んでいる大きな石に40cm~50cmの
バスが6本ほど確認できました。
ここでそろえれば勝てると想い虫パターンを試すも、
全く反応無くキャッチ出来ませんでした。

諦めシャローをチェックしていると水深1.5mの所に
20cm~25cmのニゴイの群れ(産卵?)を発見。
ふとニゴイパターンを思い出し少し沖側3mを確認すると
またまた40cm~50cmのバスの群れをサイトで発見!!!
少し、離れたところでバスの動きを観察していると、
やはり群れのニゴイに突っ込み捕食しているのを確認しました。

あとは毎年のように、ニゴイの群れの中へ
ミニスワンプクローラーのダウンショットを入れて動かさないで待っていると。
ニゴイが散った瞬間にラインがもの凄い勢いで走り出し、
フッキングした瞬間に50UPのバスをラインブレイク・・・(残念)

再度リグり直し群れの中へキャストし待っていると
またラインがすごい勢いで走り出し、今度はしっかりフッキングし
シャローカバーへ入ろうとするバスを沖まで引きずり出し
無事に45cm1400gをキャッチすることが出来ました。
同じパターンで45cm1500gを1本追加しタイムアップ。

1時間の間に5本の40cm~50UPを掛けたが、3本のラインブレイク・・・・。

検量の結果2本で2900g、2位に1kgの差を付け優勝することが出来ました。

今回使用したロッドは本物のエンジンのスピニングロッド、
サーキットクラスSBCS-600SLH2MGでした。
シャローバスの強引な引きにも負けずに見事沖まで出す事が出来たのも、
このロッドのポテンシャルのおかげでした。
感度も良く、操作性に優れバランスのとれたロッドです。
店頭に有りますので、皆さんも手に取り確かめて見てはいかがでしょうか?


9月の最終戦、津久井湖も頑張ります。
  1. 2012/08/26(日) 12:10:36|
  2. 浅見克美プロ

津久井湖レポート7月14日:菅谷淳一

今回は津久井湖での楽しい一日をレポートします。
翌日に行われる東京チャプターのプラクティクスのために
津久井湖観光ボートにむかい事務所から、湖を見渡すと、
湖面に浮いているゴミが普段よりも早く動いていることに気づき、
ここのところの雨で下流のダムがいつもよりも放水量が多く、
湖全体の水の動きが良いことに気づきました。

取り急ぎ用意をし、対岸の岩盤エリアで
ジェットプロップ(カラー:コパーシャッド)
スローにリトリーブしていると、20~25cm位のバスを
簡単にキャッチすることができました。
さらに深い水深を攻める意味と手返し良くするために、
ジェットプロップのアイの部分より10cm位のところに
キャロシンカー1.3gをラインストッパーで付け、
再びトレースしていると35cm位のバスが
簡単にキャッチすることができました。

その後4番から日赤下までのシャローを
目でチェックするとバスだらけ!!

翌日の試合のため、5~7mにいると思われる
アフタースポーンの回復バスをチェックしようと思い、
日赤下の小さなインレット沖にエコスワンプミニ
ネイルシンカー1/32を縦刺しにし、
ソリッドロッドで操作しやすいラインスラックを
叩くアクションでミドストをしながら
何かにひっかかればハングオフを繰り返していると、
ルアーが止まる様な感覚。
すかさずスイープで合わせると強烈な引き。

でかい!!釣っちまった!!と思いながら、
やり取りしキャッチすると、なんと!55cmのグッドバス!!!
mini_120714_12230002.jpg
「 今日は釣れる。この放水量でいくと明日は減水し、
今日と違うパターンになる。」と理由づけして
「今日は釣っちゃえ~!」と決めました。
(案の定翌日の試合はやってしまいましたが・・)

その後ここのところ好調な中沢ワンド対岸に移動し、
5~7mを先ほどと同じ様にスワンプクローラー
ミドストでリトリーブしていると、
またもやルアーが止まる様なあたり。
合わせると、突っ込むような強烈な引き。
ラインが3lbということもあり
リールのドラグを調整しながら沖に誘導し、
慎重に時間をかけてキャッチすると今度は50cmの、
グッドバスをキャッチすることができました。
SN3R0009.jpg
「たのし~い!!」

その後、5~7mのボトムをヘビダン・スワンプ
ウルトラシェイクでグットバスを2本
ヘビダンをカバーにねじ込み40cmアップを
2本キャッチすることができ、楽しい一日を過ごしました。

一年のうちに何度もないようなフィーバーですが、
それを期待し津久井湖にこれからも通ってしまいそうです。

お気に入りのジェットプロップ・コパーシャッド「釣れます!!」
CIMG0481.jpg
何かと便利で大活躍のスタジオ100・タングステンキャロシンカー
CIMG0482.jpg

使用タックル:
ルアー:エンジン・ジェットプロップ(コパーシャッド)
ロッド:エンジン・スペルバウンド サーキットクラス 
         SBCC-602SL1MG

  1. 2012/07/26(木) 10:15:11|
  2. 菅谷淳一プロ
前のページ 次のページ